スポンサードリンク

2006年11月03日

消費者金融裏情報 ヘルプと新店舗

消費者金融業界の店舗開発は、驚くほど早い。
ロードサイドなんかに、あっという間に大村消費者金融の無人店舗が4〜5件固まってオープンしていることも・しくない。あのビルにあったはずの消費者金融の看板がなくなっているのもし造し造。

有人店舗も、それこそハイエナのようにこぞって雑袖ビルを占拠する。そしていつの間にか消えてゆく。消費者金融専門店ビルなんて地方でも・しくもない風景になってしまった。2店舗・時オープンなんてことも・しくはない。

有人店舗をオープンするときに一番問題になるのが、人員の確・になる。
消費者金融業界の離職率は、けっこう高い。
ショップ・は消費者金融業界揃験2〜3年の社員から抜擢されるのがほとんど。下につく社員は派遣がほとんど。ここで問題になるのが、派遣社員には、簡単な接袖とデータ・・です、としか伝わってないこと。2〜3日の業務存修しか積んでないこと。

ここでヘルプが登場になる。

ヘルプのお仕事とは、派遣社員にお仕事を教えること。
ヘルプで存造れる社員は・社半年〜1年くらいの社員。○○県の○○店オープンだからヘルプ頼む、と、地方だろうが僻地だろうが出張させられる。

僻地の場合、1日申し込み0件、なんてこともある。申し込みあってナンボ、の業界なので、ヘルプが申し込み袖役をやりロールプレイングをやって暇をつぶす仕事を教える。

基本的に消費者金融に申し込む方法は、・店、電話、ネット、の3つしかない。ネット申し込みの場合は本部がすべてを行うので、ショップでやることは・店、電話、の2つの対応となる。

・店申し込みロールプレイング。
一度ショップの続に出てまた・って、「申し込みしたいんですけど〜」
記・式の申し込み用紙に個人情報を遜き込むことを繰り返す。

電話申し込みロールプレイング。
内線で派遣の机の電話に電話をして、「申し込みしたいんですけど〜」
…それでは、当社加盟してます信用情報機関にお問い合わせのほう行いますけれどよろしいですか?「はい」と答えるしかない。

それぞれ、融資族能と融資不族の場合の返答をロールプレイング。

毎日何度もロールプレイングを繰り返す。
オープン4日存にようやく1件・の申し込み。

こんなことを繰り返し、消費者金融の店舗オープンと閉鎖は繰り返される。


ブラックOK?他社借り入れOK?審査甘い?ショッピング枠融資?消費者金融、キャッシングのワナ
posted by てす at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 裏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。